イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】
立春(りっしゅん) (2月4日〜2月17日)


旧暦では1年の始まりとなり、ここが正月とされていました。少しずつ温かくなってきて、冬の終わりと同時に春の兆しがところどころで見られるようになる季節です。

[七十二候]立春 初候 2月4日〜2月7日

東風解凍 はるかぜ こおりを とく

早春の風が吹き、冬の間に張った池や湖などの氷を溶かし始める季節です。まだ寒さは残っていますが、少しずつ消えていく雪や氷に春の兆しが感じられます。

立春の雪白無垢の藁家かな
りっしゅんのゆきしろむくのわらやかな 川端茅舎
解説:立春に思いがけず雪が降り積もりました。真新しい雪に覆われた藁葺き屋根を「白無垢」に例え、新たな季節を新鮮な気持ちで迎える心情を描いています。

[七十二候]立春 次候 2月8日〜2月12日

黄鶯睍睆 うぐいす なく

鶯の声が山里で聞こえ始めます。古くから春の象徴的な存在として「春告鳥(はるつげどり)」と呼ばれる鶯が、ひと足早く春の到来を告げます。

鶯の身を逆にはつね哉
うぐいすのみをさかさまにはつねかな 宝井其角
解説:鶯が春の到来を告げてしきりにさえずっています。飛び回り、やがて枝から逆さまにぶら下がっても鳴き続ける姿は、春が来た喜びに溢れているようにも見えます。

[七十二候]立春 末候 2月13日〜2月17日

魚上氷 うお こおりを いずる

水が少し暖かくなり、川や湖には冬の間に氷の下で泳いでいた魚たちも活力を増してきます。水中を盛んに泳ぎ回る魚たちも春の到来を喜んでいるようです。

雪とけて村一ぱいの子ども哉
ゆきとけてむらいっぱいのこどもかな 小林一茶
解説:どこにこんなにいたのか思うほど、雪解けした村にたくさんの子供達が遊んでいます。子供達の姿は、早春の雪国に溢れ出す生命力を象徴的に表現しています。

このページの先頭へ