イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】
啓蟄(けいちつ) (3月5日〜3月19日)


土の中で冬ごもりをしていた生き物が目覚め、穴から出てくる季節です。生き物たちがうごめき始め、日を追うごとに暖かくなって様々な花が咲き始めます。

[七十二候]啓蟄 初候 3月5日〜3月9日

蟄虫啓戸 すごもりむし とをひらく

外気が暖かくなってきて、冬眠をしていた虫たちが出てきます。虫だけでなくカエルやトカゲなども動きだし、生き物たちがうごめく気配が感じられます。

山路来て何やらゆかしすみれ草
やまじきてなにやらゆかしすみれぐさ 松尾芭蕉
解説:山の道を踏み越えて来て、ふと道端に目を移すとスミレが可憐に咲いていた。取り立てて珍しい花ではないけれど、その奥ゆかしい姿に無性に心が引きつけられます。

[七十二候]啓蟄 次候 3月10日〜3月14日

桃始笑 もも はじめて さく

桃の節供は過ぎましたが、桃の花が本格的に咲き始めるのはこれからです。「笑う」は花のつぼみが開くという意味です。満開に「笑う」花の季節はもうすぐです。

春雨や土の笑いも野に余り
はるさめやつちわらいものにあまり 加賀千代女
解説:雪の下から現れた土は、春を迎えた喜びに輝いているようです。春雨が降ればその土が流れ出し、春の到来を告げるように野山に土の匂いが広がっていきます。

[七十二候]啓蟄 末候 3月15日〜3月19日

菜虫化蝶 なむし ちょうとなる

冬を越えたサナギが羽化をして蝶になる季節です。「菜虫」は大根やカブなどアブラナ科の植物を食べる昆虫を指します。菜の花畑に舞う蝶は春の象徴的な存在です。

ひらひらと風に流れて蝶一つ
ひらひらとかぜにながれてちょうひとつ 正岡子規
解説:春風がそよぐなか、蝶が一匹ひらひらと飛んでいます。強い風が吹いたら飛ばされてしまいそうな、春先に羽化したばかりの蝶の儚げな様子が描かれています。

このページの先頭へ