イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】
春分(しゅんぶん) (3月20日〜4月3日)


太陽が真東から昇って真西に沈む、昼夜が同じ長さになる日を春分とし、以降は昼の時間が長くなります。寒さがひと段落し、過ごしやすい季節になっていきます。

[七十二候]春分 初候 3月20日〜3月24日

雀始巣 すずめ はじめて すくう

スズメが巣作りを始める季節です。人家の近くに生息し、昔ばなしや俳句などでもその愛らしい姿が描かれており、古くから身近な存在であることがわかります。

雀の子そこのけそこのけお馬が通る
すずめのこそこのけそこのけおうまがとおる 小林一茶
解説:道で遊ぶ雀の子に、「馬が通るから危ないぞ」と優しく語りかけるような句です。素朴ながら、小さな存在に対する一茶の優しい眼差しがうかがえます。

[七十二候]春分 次候 3月25日〜3月29日

桜始開 さくら はじめて ひらく

桜の開花情報が全国各地から届く頃です。様々な場所で桜が咲き乱れる光景を目の当たりにすると、いよいよ本格的な春の到来を実感することができます。

重箱に鯛おしまげて花見かな
じゅうばこにたいおしまげてはなみかな 夏目成美
解説:江戸時代の長屋の花見弁当は、たくあんを卵焼きに見立てるなど、もどき料理で楽しんだようです。一方この句では、重箱に入りきらないほど大きな鯛を詰め込み、作者の豊かな生活ぶりと、一大イベントをおおらかに楽しむ様子が詠まれています。

[七十二候]春分 末候 3月30日〜4月3日

雷乃発声 かみなり すなわち こえをはっす

季節の変わり目は大気が不安定になることがあります。轟く雷鳴は春が深まる兆しを感じさせますが、この時期には気温が下がって雪やひょうが降ることもあります。

永き日やあくびうつして分れ行く
ながきひやあくびうつしてわかれいく 夏目漱石
解説:春分を過ぎて日が長くなった長閑な陽気の中で、気安い友人に会い、あくびをうつし合って再び別れる。さりげない中に物憂げな別れの寂しさを感じさせる一句。

このページの先頭へ