イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】
清明(せいめい) (4月4日〜4月19日)


空気が澄んで清らかで、明るい陽光が万物をいきいきと鮮やかに照らし出す「清浄明潔」な季節という意味です。爽やかな風が吹く、すがすがしい春の陽気です。

[七十二候]清明 初候 4月4日〜4月9日

玄鳥至 つばめ きたる

冬に日本を離れるツバメが夏に向けて飛来し、本格的な春と農耕の季節の到来を告げます。民家の軒先に巣を作り、軽やかに飛び回る姿は春の活気を感じさせます。

花の酔さましに来たか夕つばめ
はなのよいさましにきたかゆうつばめ 加藤暁台
解説:日中せわしなく飛び回っているツバメが、夕方にふと羽を休めている。その姿が、満開の桜の花の香りに酔ってしまい、酔い覚ましに休んでいるように見えます。

[七十二候]清明 次候 4月10日〜4月14日

鴻雁北 こうがん かえる

ツバメと入れ替わるように、冬のあいだ日本で過ごした雁が北方へと去っていく季節です。群れを形成して飛び去る姿もまた、春の兆しを感じる光景です。

花よりも団子やありて帰る雁
はなよりもだんごやありてかえるかり 松永貞徳
解説:花の季節に北へ去る雁の群れがいる。こんなにも花が美しく春の陽気が素晴らしいのに帰ってしまうなんて、きっと行く先には美味しい団子が待っているのだろう。

[七十二候]清明 末候 4月15日〜4月19日

虹始見 にじ はじめて あらわる

春が深くなると空気が潤い、虹が見える季節となります。春雷とともに降った雨の雨上がりに不意に現れる虹は、夏の虹より淡く儚いけれど、そのぶん印象的です。

初虹や初雪よりも消えやすき
はつにじやはつゆきよりもきえやすき 正岡子規
解説:春になり、今年初めての虹が現れました。太陽の光が弱いこの季節の虹は、冬の初めに降る初雪よりも淡くて儚くて、あっという間に消えてしまいました。

このページの先頭へ