イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】 穀雨(こくう) (4月20日〜5月4日)


空気が澄んで清らかで、明るい陽光が万物をいきいきと鮮やかに照らし出す「清浄明潔」な季節という意味です。爽やかな風が吹く、すがすがしい春の陽気です。

[七十二候]穀雨 初候 4月20日〜4月24日

葭始生 あし はじめて しょうず

様々な植物が新緑に輝き始める季節に葦もまた芽吹き始めます。葦は楽器や日用品の材料に使われるほか、短歌や文学でも描かれるなど古来から親しまれています。

ちくちくと潮満ち来るや芦の角
ちくちくとしおみちくるやあしのつの 尾崎紅葉
解説:「ちくちく」は少しずつという意味です。河口付近の浅瀬で少しずつ満ちていく潮と、そんな潮に隠れそうになりながら少しずつ育つ葦の情景が描かれています。

[七十二候]穀雨 次候 4月25日〜4月29日

霜止出苗 しも やみて なえいずる

季節が進んで暖かくなると、夜も暖かくなり、霜が降りることもなくなります。この頃になると稲の苗が成長し、田植えの準備で農家が活気づいてきます。

緑なす松や金欲し命欲し
みどりなすまつやかねほしいのちほし 石橋秀野
解説:松は常緑樹ですが春には枝の先から若々しい新芽を出します。幼な子がいながら余命わずかな病身の作者が、生命の力強い息吹を感じながら絞り出すように詠んだ句。

[七十二候]穀雨 末候 4月30日〜5月4日

牡丹華 ぼたん はなさく

「百花の王」と称される牡丹の花が咲き始めます。様々な花の中でも、ひときわ華麗で存在感を放つこの花は、文学や美術、工芸の題材に多く取り上げられています。

あけぼのや麦の葉末の春の霜
あけぼのやむぎのはずえのはるのしも 上島鬼貫
解説:辺りがうっすらと明るくなってくる夜明けに畑を見ると、麦の葉に薄く霜が降りています。朝日が昇れば溶けてしまう春の霜の淡く儚げな様子が描かれています。

このページの先頭へ