イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】 芒種(ぼうしゅ) (6月5日〜6月20日)


種まきや田植え、麦の刈り入れに適した時期。西日本では梅雨に入り始める頃になります。梅雨入りの前に作業を終えるために、農家の仕事が一気に忙しくなる季節です。

[七十二候]芒種 初候 6月5日〜6月10日

螳螂生 かまきり しょうず

秋に草木に産み付けられた卵から、カマキリが誕生してきます。農作物には害をなさず、害虫を捕まえてくれるカマキリは、農家にとっては頼もしい存在です。

蟷螂や生れてすぐにちりぢりに
とうろうやうまれてすぐにちりぢりに 軽部烏頭子
解説:越冬をして5〜6月頃に、卵から孵化をして、多数の幼虫が一斉に出てきます。生まれたばかりのカマキリはすぐに散っていき、成虫まで生き残れるものはわずかです。

[七十二候]芒種 次候 6月11日〜6月15日

腐草為蛍 くされたる くさ ほたるとなる

辺りが暗くなってくる黄昏時になると、ほのかな光を放ちながら、蛍が飛び交う季節です。蒸し暑い空気の中、蛍の群れがみせる光景は幻想的です。

かたまるや散るや蛍の川の上
かたまるやちるやほたるのかわのうえ 夏目漱石
解説:川沿いで蛍の群れを見つけました。固まって群れているものや、一匹二匹と飛び回っているものなど、蛍たちがみせる夏の夜の儚く美しい景色を描いた句です。

[七十二候]芒種 末候 6月16日〜6月20日

梅子黄 うめのみ きばむ

「梅雨」は梅の実が熟すころの雨を指します。木々が枝葉を伸ばしていくこの季節に、青々と大きく育った梅の実が、梅雨入りと同時期に薄黄色に色づいてきます。

樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ
きもくさもしづかにてつゆはじまりぬ 日野草城
解説:緑の葉を生い茂らせた草木が、雨を受けて静かに立っています。まばゆい日差しに溢れた季節から梅雨へと移ろってきた自然の、森閑とした様子が印象的な一句です。

このページの先頭へ