イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】 夏至(げし) (6月21日〜7月6日)


一年でもっとも昼が長く、夜が短くなる季節です。この時期を境に日照時間は、冬に向けて短くなっていきます。一方で暑さが増してきて、いよいよ本格的な夏の到来です。

[七十二候]夏至 初候 6月21日〜6月25日

乃東枯 なつかれくさ かるる

冬至の頃に芽を出し、夏至の頃に花穂が黒色になって枯れたように見えるウツボグサ。「夏枯草(かこそう)」とも呼ばれるこの花が、ひっそりと枯れていく季節です。

短夜や空とわかるゝ海の色
みじかよやそらとわかるゝうみのいろ 高井几董
解説:夜の間は紺青の同じ色であった空と海。夏の短い夜が明けてくるとともに、次第に空が明るくなり、色をたがえて行く様子が時間の経過とともに詠み込まれています。

[七十二候]夏至 次候 6月26日〜7月1日

菖蒲華 あやめ はなさく

花菖蒲やアヤメが咲く季節です。かつてはアヤメの開花で梅雨の到来を知らせていたそうです。可憐で鮮やかな花が、梅雨の季節に明るい色を添えます。

ひとくきの白あやめなりいさぎよし
ひとくきのしろあやめなりいさぎよし 日野草城
解説:すらりと直立した一本のアヤメが真っ白な花を咲かせている姿が目に浮かびます。凛として涼やかな存在感を放つ白い花の清らかで小気味の良い様子描かれた一句。

[七十二候]夏至 末候 7月2日〜7月6日

半夏生 はんげ しょうず

半夏は夏至から数えて11日目。農事の節目の日とされ、雨が降るとそのまま大雨が降り続くという言い伝えがあるなど、天候によって収穫が占われていました。

五月雨を集めて早し最上川
さみだれをあつめてはやしもがみがわ 松尾芭蕉
解説:旅の途中で日本三大急流の一つである最上川を船で下ったときの句です。五月の長雨によって激しさを増し、飲み込まれそうな濁流となっている様子がうかがえます。

このページの先頭へ