イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

Special Interview 安井健太郎(自然写真家)

[第1回]アラスカとヘラジカ、そしてサケとの出会い

普段は家電メーカーの営業として働く安井氏は、自然写真家としての顔もある。昨今、多様な働き方が求められるなか、“写真”がライフワークであると語り、情熱を注ぎ続ける安井氏の生き方、想いに焦点を当てインタビューした。第1回は、初めてのアラスカ旅行とヘラジカの撮影から“写真家”としての生い立ちを聞く。
(全2回)

profile

Kentaro Yasui

1978年、東京都生まれ。東洋工業専門学校(現・東京環境工科専門学校)にてフィールドワークの基礎を学ぶ。北海道知床にある自然トピアしれとこ管理財団(現・知床財団)にガイドとして勤務し、クマのいるフィールドで行動する技術を得る。また、知床の自然に触れるなかで生き物を撮ることの愉しさ、奥深さを感じ、自然写真家として歩み始める。2001年に初めてアラスカの地を踏み、ヘラジカを中心に撮影。2004年に現在のライフワークである「サケの旅」の撮影を中心に取り組みはじめる。2017年4月より北海道内のサケ関連水族館施設3か所で『写真家 安井健太郎 巡回写真展 アラスカのサケたち』を開催中。

Facebook:https://www.facebook.com/pg/WildHarmonyPhotography/

好きなものを
自分の納得のいくように撮っています

――安井さんは普段、家電メーカーの営業として働いていますが、一方で写真家としても活動されています。いわば二足のわらじを履いているように思いますが、安井さんにとって“写真”とはどのような存在なのでしょうか?

安井:難しいですが、写真を一言でいえば“ライフワーク”ですね。商業的に依頼を受けて写真を撮るというよりは、自分のテーマをとことん掘り下げて好きなものを好きなように、自分の納得がいくように撮っています(笑)。

――現在、北海道の水族館でサケの巡回写真展(fig1)を開催していますが、安井さんのテーマは「サケ」ということでしょうか?

安井:そうですね。「アラスカを旅するサケ」は2004年から撮り続けているテーマのひとつです。今回の写真展に関しては私の「サケの旅」というテーマや活動に賛同していただいた北海道のサケ関連水族館施設3か所で開催していただくことになりました。

――なるほど。そもそも安井さんはいつから写真を撮り始めたのですか?

安井:もともと写真は撮っていましたが、本格的に撮り始めたのは専門学校を卒業して北海道の知床でガイドをやっていた頃。通っていた専門学校は少し変わっていて、環境の調査や保全の現場で働く人材を育てる学校で、野外実習では動物・植物・昆虫などの調査もしていました。だから自然と触れあう機会は多くあったんです。その頃から今と変わらず「人が決めたことでなく、自分で見つけた好きなことを納得いくまでやりたい」と思っていました。
 知床のガイドの仕事では、山に登ったり、船に乗ったり、自然観察会の案内など人に自然を伝える仕事をしていました。学生時代も趣味で写真を撮ることはあったけれども、本腰を入れ始めたのは知床に行ってからですね。実は知床にいた当時はまったくサケに興味はありませんでした(笑)。

fig1 巡回写真展「アラスカのサケたち」案内
巡回写真展案内
サケの巡回写真展チラシ
(PDF 396KB)

初めてのアラスカ旅行
友人の助けでヘラジカと出会う旅に

安井:現在のような写真家としての活動に繋がる転機は、初めてのアラスカ旅行でした。すでに写真は撮り始めていましたが、深く掘り下げたいテーマはなく、「自分の好きなものを見つけたい」という気持ちだけが強くあったのを覚えています。
 アラスカにはひとりでビザを持たず3か月滞在し、有名な国立公園を巡りました。当時は23歳で、お金もあまりなく、言葉も乏しかった。きちんと計画を立てていったわけでもなかったので、泊まるホテルも決めていませんでした。だから、初日の宿泊場所は、なんとか見つけたキャンプ場だったんですよ(笑)。
 最初の1週間はうまくコミュニケーションが取れなくて、そのキャンプ場からビジターセンターに通い続けていました。毎日行っていたので、そこで顔見知りになったインターンの学生と仲良くなり、彼の家に転がり込むことになって(笑)。アラスカの滞在目標は3か月で、お金が尽きるまでどうにかしていてやろうと思っていましたが、アラスカは観光地のため思った以上に物価が高くて、どうしようかと困っていると、その友人が私の旅をコーディネートしはじめて、滞在するためにいろいろと手を尽くしてくれました。彼の助力でマッキンレー山のデナリ国立公園はじめとする数々の国立公園を巡ることができたんです。日本から旅立ったときに目的のひとつにしていた、広大なツンドラが遙かに続くアラスカの原野の風景も見ることができました。だから彼には頭が上がりません(笑)。
 その旅のなかで浩々たるツンドラの森を悠然と歩く繁殖期の雄のヘラジカに心を奪われました。どうしてもヘラジカの写真を撮りたいと思ったけれど、そう簡単にはいきません。国立公園内のヘラジカは研究が進んでいて、繁殖期には行動時間や範囲を予測できるのだけれども、国立公園のためフィールドへの立ち入りのルールが厳しく、進入できるエリアが限られていました。なかなかの難題だったですが、ヘラジカは朝晩の涼しい時間帯に移動し昼間に寝るという習性をうまく利用しようと考えました。そこでヘラジカが移動する時間を狙うことにして、朝にヘラジカを探しながらある区間の3〜4kmの道を往復して歩き、さらに夕方も同じ道を歩く、ということを1週間続けました。ずっと同じことを続けているので怪しまれたのか、国立公園のスタッフにも「毎日同じザックを背負った若者が、同じ時間に同じ所を歩いているぞ」と話題になったみたいで「お前は何をやっているんだ」と話しかけられて、公園管理官や研究者の人たちからいろいろとアドバイスをもらうことができました。

写真に詰め込まれた物語
多くの積み重ねが一枚の画をつくる

安井:毎日続けていてもなかなか思うようなタイミングでヘラジカと出会うことができなかったのですが、国立公園を離れる最終日の朝にいつもと同じように歩いていると、ついに間近で立派な体躯をした雄のヘラジカに出会うことができたんです。夢中でシャッターを切って、自分のなかで毎日膨らませてきたイメージと重なるような「これだ」と言える写真が撮れたと確信しました。当時はフィルムカメラなので現像するまで出来映えはわかりませんが「ついにこんなに近くで、ヘラジカの息吹が感じられるような写真を撮ることができた」という達成感がありました。待ち望んでいた近距離での撮影をできたことはもちろんですが、限られた時間のなかで、ヘラジカの行動を観察し、理解して、イメージを膨らませて、自分がその旅で心を奪われたヘラジカの雄姿を撮って帰りたい、という “課題を完遂できた”ことが一番嬉しかったのを覚えています。当時は、自分のテーマをもっていなかったので、良い写真を撮ってくるというよりは、自分にしか感じられない瞬間を見つけることが目的になっていました。だから、ヘラジカを撮ることよりもヘラジカに会いたい、という気持ちが強かったんです。
 写真は「その一瞬を画として留めたもの」とも言えますが、シャッターを押す瞬間には押すまでに至る大きなバックグラウンドがあって「観察してきた膨大な時間や、そのなかで感じたこと、どんな気持ちで被写体を見つめてきたのか」といった様々なものが積み重なって“画”になったものだとも言えます。一枚の写真からでも読みとれるものはたくさんあるじゃないかと思っているんです。だからその時の写真には、ヘラジカに会いたいという想いや、ヘラジカを探して歩きながら考えた写真のイメージや構図の数々、そこにたどり着くまでの物語が詰め込まれていると思っています。

自分の全部を使って撮る
自分にしか撮れないものを撮っていたい

――安井さんにとって、写真は“仕事”なのですか? それとも“趣味”なのでしょうか?

安井:難しい質問ですが、ちょうど間にあるものかもしれないですね。一言でいえば“ライフワーク”という表現が近いんじゃないかと。
 自分の写真の善し悪しの評価は別として「自分の写真は誰にも撮れない。自分にしか感じることができないものを表現したい」と思って撮っています。写真は、被写体への想いや何度も考えた絵のイメージ、たどり着くまでのプロセスが再構築されて“画”になっていきます。だからこそ時間や手間はどれだけ掛かってもいいし、自分の全部を使って撮っています。そしてそれを続けていくうちに、納得のいく1枚を撮りたいという気持ちだけではなく、写真を撮ることを“自分の納得のいくかたちで続けていきたい”と思うようになりました。だから、アラスカを旅するための資金作りもライフワークのうちのひとつなんです。自分で好きなようにコーディネートしたいからとても苦労してますけどね(笑)。
 好きなことを辞めた人や、続けているけれど同じようにお金で苦労している友人もいます。じゃあ、自分はいつまで続けるのか。体力的な衰え? 感覚的な限界を感じたとき? でもまだまだ見たいものはあるし、撮りたいと思える新しい瞬間はフィールドにいればいつも感じます。辞めるのか、続けるのかの決断は「もうこれ以上新しいことはないな」と感じられたらその時にしようと思っています。

――ありがとうございました。次回は「サケ」との出会いやその想いについてお聞きしたいと思います。

安井:ありがとうございました。

[第2回]感じたことを表現すること。それを続けること

このページの先頭へ