パキラ

「パキラ」は英名で「カイエンナッツ(guiana chestnut)」、学名「Pachira aquatica」 科名, パンヤ科 . 属名, パキラ属です。
カイエンナッツと呼ばれているように種は、原産地などでは炒って食用にされたりしている。
パキラの特徴として掌(てのひら)状の葉っぱと、根元がふっくらとふくらむ幹、挿し木などで簡単にふやしやすい。
熱帯の植物のため寒さにはやや弱く、やはり室内でも5℃~10℃位は欲しい植物。
耐陰性もあり半日陰な場所でも管理できるが、日照不足になると、徒長ぎみ(もやしのように葉っぱがついている茎がひょろひょろと長くなる)してしまい、葉の重さに耐えられず葉っぱごと下を向いてしまうことがある。
こういう場合は、支柱などで支えるようにしたり、根元部分よりカットし、明るい場所で新しい新芽をふかせるようにします。
パキラは、剪定に強く、樹勢が強い観葉植物なので、比較的、容易に新芽を出してきてくれるのが特徴。よって、徒長気味になったり、樹形が乱れたりした場合は、気軽にカットしたりしても新芽が出てきてくれる丈夫な観葉植物。