イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
楽しむ

そぞろ山歩き 〜 ゆったり気まま編@

初めてでも大丈夫!

北アルプスの入門ルート
− 燕岳(つばくろだけ)− 標高2,763m


モデル体質の雷鳥

山歩き「ちょこっと」好き人間が、自分が歩いた山を紹介してい くコーナーです。
案内人のgasohoshiとmikkyです、よろしくお願いします!

最初に紹介するのは、山ガールに大人気の燕岳。
「北アルプス入門の山」と言われるだけあって、とても登りやすい山です。
基本的には、登山口の中房温泉付近までは車で行けますが、休日はすぐに駐車場が満杯にな るので、ご注意を。穂高駅からバスも出ているようなので、そちらが便利かも(要確認)。
どの山も、登山口までが一苦労なんだよね。。。

燕岳と燕山荘最初は急勾配が続くけど、のんびりペースなら大丈夫。ベン チもわりと、こまめにある。合戦小屋(トイレ有り)まで行けば、 小1時間ほどで、山頂近くにある燕山荘 (http://www.enzanso.co.jp/)に到着です。
ここは槍ヶ岳に向かう表銀座コースの始点でもあるので、天 気が良ければ、その山頂をじっくりと拝むことができる。燕岳 の山頂へは、そこから30分ぐらい。足を伸ばして北燕岳まで 行っても、さほど時間はかからない。日帰りも可能だけど、 やっぱり燕山荘で生ビールをかたむけたいところかな。

女性の登山者が多い理由は、燕岳がいろいろな意味で「きれいな」山だから。
まず、燕山荘をはじめ施設がととのっている。さらに、山道がきれいなため、雨の中でも比 較的汚れないですむ(ドロドロ道がほとんどない)。そして、燕岳自体の美しさ。あまり苦労 せずに登れるのに、山頂付近では北アルプスの素晴らしい景色を、思うぞんぶん楽しめま す(天気が良ければ、だけどね)。
また、夏に咲くコマクサの群生や、雷鳥や猿など野生動物がわりよく見られることも人気の 理由の一つでしょう。

槍山頂は気まぐれただし、登りやすいと言っても、そこは北ア ルプスなので、装備はしっかり。10月中旬か らは、雪も降り始めます。日が暮れれば、 あっというまに冷え込むので、ダウンは必須 です。

最後に、登山後は燕山荘グループの有明 温泉(有明荘)に寄りたい。燕山荘で割引券 をもらえれば、500円でゆったりと疲れを癒す ことができる。「オーナー、本当に商売上手だ な」と感じつつも、いたれりつくせりの登山が 楽しめるのです。

案内人 gasohoshi



 このページの先頭へ