イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
料理教室

9月(長月)の献立


9月(長月)の献立

9月の旧名の長月とは、夜長月の略と言われます。

秋分の日を境に夜は日に日に長くなり、澄んだ秋の空気に浮かぶ月はひときわ美しくなります。

9月の満月は別名中秋の名月ともいい、7月〜9月とされる月暦でいう秋の中の月であることが名前の由来です。

中秋の名月は、中国から渡ってきた文化ですが、日本独自の文化として後の月というものがあります。

月見団子今の暦では10月の9日前後となります。10月の13日頃の月は2番目に美しいとされ、9月の15日と合わせて「月見」といい、片方だけ見ることを、形見月として縁起が悪いこととされています。

月見には月から見て左に秋の七草(自然との調和)を添えて、右に月見団子(人に作られたもの)を飾り、最後にいただきましょう。



 このページの先頭へ